<   2017年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

1月も終わりますが、小鹿田焼展はまだまだ続く。

とはいえ会場の品揃えはだいぶすっきりしてきております。
また来年もやりたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いします!
今回、すり鉢のもう一回り大きなサイズのものが欲しいというご要望がいくつかありましたので、制作をお願いするときに反映できればと考えております!
さて、小鹿田焼を使った食卓、こんな感じです。
c0358850_11440993.jpg

c0358850_11454622.jpg

八寸皿は大皿料理に。でも真ん中にちょこなんと盛りつけるのも外食気分で嬉しいです。
c0358850_11451830.jpg
c0358850_11455840.jpeg
c0358850_11455255.jpeg
c0358850_11465029.jpg
4寸小鉢(今回は未入荷でした)はサラダや煮物に。
c0358850_11470857.jpg
パンやケーキにも合う飴釉の5寸皿。もちろんおかずの取り皿としても。

展示中、やはり飛び鉋が人気で先に売れていきますが、個人的にはお皿は刷毛目のものが気に入っています^^
どちらもかっこいいですよ~!
小鹿田焼の器を使うとなんだか自分がとてもまっとうに暮らしを営んでいる気持ちになれます。ふふふ。

[PR]
by g_yoyo | 2017-01-30 11:00 | つれづれ。 | Comments(0)

売れっ子ちゃん。

小鹿田焼展、ご好評いただいております。ありがとうございます。
おかげさまで会場もすっきりしつつあります。
c0358850_11010976.jpg
三合ツボと擂り鉢は完売しております。
8寸皿も残り1点。
他のサイズのお皿も2,3枚の在庫となっております。
お皿、人気ですね~。
カップは数を仕入れたので、まだ残っておりますよ~!
c0358850_11011060.jpg
来週末までの展示ですが、ぜひ足をお運びくださいませ^^


[PR]
by g_yoyo | 2017-01-29 11:00 | 展示 | Comments(0)

小鹿田焼 3寸皿。

小鹿田焼展、絶賛開催中です(※ 本日は都合により17時までの営業とさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
さて、本日はイチオシの3寸皿のご紹介。
c0358850_10591224.jpg
釉薬の種類と刷毛目、飛び鉋で4種類のご用意です。
所謂手塩皿のサイズで、塩や薬味、お漬物などにぴったり。柴漬なんかもとっても映えそうです。
小さいものってロマンがありますよね。
例えば食玩なんて、あんなに小さいのにすごく精巧で、小さなものにも宿る何かを感じずにはいられません。
そういえば、神は小さき所に宿る、なんて言葉もありますし、小さなものの細部まで美しいと全体がとても輝いて見えます。

小鹿田焼のお皿、今回は8寸皿、7寸皿、6寸皿、5寸皿、そして3寸皿とございます。なかでも3寸皿の飛び鉋の愛しさと言ったらありません!3寸=およそ9㎝。手のひらに収まる小さな豆皿です。そこに8寸と同じように施された意匠。なんだか感激です。
c0358850_11125780.jpg
重ねてみるとチャールズ・イームズの『Powers of Ten』を観たときのような感動が…。



[PR]
by g_yoyo | 2017-01-28 11:00 | お知らせ。 | Comments(0)

店休日のお知らせ。

明日の27日(金)と来週の31日(火)は店休日となっております。また、28日(土)は誠に勝手ながら17時までの営業とさせていただきます。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。

c0358850_10463710.jpg
私は山椒が大好きです。
どれほど好きかというと、うなぎを食べに行ってうなぎの風味を台無しにするくらい山椒の風味を大切にしてしまいがちになるほど好きですし、女子力の象徴ともいえそうなロクシタンの薔薇のハンドクリームを「なンか山椒の香りがするから」という理由だけで塗りたくるほど好きです。
そんな私が2年位前に食べて忘れられずにいたのがこちらの『柿の種 ぶどう山椒』。あれ以来ずっとずっと探していたものの限定商品だったからかなかなか見つからず。
先日ようやくドラックストアのカワチ赤塚店で見つけた時は思わず中山美穂に会えた辻仁成みたいに「やっと会えたね」と感激し、一気に4袋購入してしまいました。
期間限定なんて言わずにレギュラー化を希望します。おいしいよ。

[PR]
by g_yoyo | 2017-01-26 18:00 | お休みについて。 | Comments(0)

小鹿田焼 5寸擂り鉢。

小鹿田焼展、ご好評いただいております。まだまだ絶賛開催中ですよ~^^
今日ご紹介するのは五寸擂り鉢!
c0358850_10353649.jpg
胡麻や山芋をすりおろすのにいかがでしょう?片口タイプなので別の器に移す際もスムースですね。とんかつ屋さんで出てくる、「すりおろした胡麻にとんかつソースを混ぜる」という高等技術(?)にももってこい。
もちろん何もすりおろさず、ただただ鉢として使っていただいてもOKです。
こちらの作品、胴と見込みの柄と釉薬の取り合わせが様々ございます。じっくりお選びくださいね!

[PR]
by g_yoyo | 2017-01-26 11:00 | 展示 | Comments(0)

小鹿田焼 マグカップ

とっておきの取っ手つき、マグカップも今回初の入荷です!
c0358850_13421207.jpg
柄は、刷毛目、飛び鉋、三彩の三種類。容量たっぷり入りますよ!
伝統柄だからでしょうか、どこかレトロモダンな落ち着いたかわいらしさ。どんなシーンにも活躍しそうです^^

[PR]
by g_yoyo | 2017-01-25 11:00 | 展示 | Comments(0)

小鹿田焼 ひみつのしるし

小鹿田焼はいわゆる民芸陶器。
伝統的な技法を決められた皆で守ってゆく、というものです。
作者の名を明らかに提示したりしない器です。
そんな小鹿田焼のひみつの(?)しるし。
c0358850_13523838.jpg
カップの底をひっくり返すと『おんた』の文字が。
お皿にはありませんが、カップにはぽいん、と押されています。
チャーミングです。
また、3合ツボには少し渋めのしるしが入っています。
どうぞお手に取ってご覧になってみてくださいね^^

[PR]
by g_yoyo | 2017-01-23 11:00 | 展示 | Comments(0)

小鹿田焼 女子力高めカップ

女子力。
もはやすっかり世の中に浸透した言葉です。
しかし私にはまったく浸透していない模様…。
そんな私でも持てばうっかり女子力がありそうに見えるのがこちらのカップです。
c0358850_11451526.jpg
小鹿田焼というと思い浮かぶのが「渋カッコイイ」というイメージです。
何を載せても決まる、絶妙の渋カッコよさは本当に重宝。いい感じ。しかしこちらのカップを一目見て思うのは「か、かわいい…!」。
まるでキャラメルケーキのような夢見感!片手で焼酎ロックをいただいてもイイとは思いますが、両手で包むように持ってたいして熱くもないココアをふーふーしながら上目遣いで「守ってあげたい女子」をアピールしたいです。
こちらもかわいいんだぁ!
c0358850_11451429.jpg
飛び鉋がむしろかわいい。
カフェオレやコーヒー、ココアはもちろん、緑茶のグリーンも映えそうです。こちらたくさん仕入れました~^^

小鹿田焼展、人気です。
狙っているものがある方はぜひお早めに♪

[PR]
by g_yoyo | 2017-01-22 11:00 | 展示 | Comments(0)

マルトミ。

飲み屋の話が続きますが(一体ココなんのブログなのか…)、笠間飲み!となったら門前酒場マルトミさんを語らずにはいられません!けっこうな頻度でここで美味しい思いしています。

本当にどれも試していただきたい美味しさなんですが、旬によってもメニューが変わりますし、どれかひとつおススメをあげるならば『おきつねチーズ』。これは外せません。きつねの気持ちがわかります。
その他、フードはもちろんドリンクについてもマスターにおススメを伺うと好みに合わせて提案してくださいますよ~^^
それどころか予算とテーマをお伝えすれば大満足の飲み会プランも実現可能。

店内はいい感じに間接照明なので、ご飯の写真が残念ながらございませんが…。それはもう、実際にご自分の目で見て、美味しさを味わっていただくということで!

楽しいですよ~。土曜の朝は始まったばかり!さあダウンタウン笠間に繰り出しましょう♪朝から夜まで楽しめちゃいますよー!



[PR]
by g_yoyo | 2017-01-21 11:00 | 笠間の美味。 | Comments(0)

HigeBoss。

今日は曜燿お休みですが、先日お客様に「いつもブログ楽しみに見ています!」と嬉しいことを言っていただけたので調子に乗ってひとつ投稿をば。

去年のクリスマスは(「も」???)恋人もおらず独りぼっち…で過ごす予定でしたが「なンかもったいない!!」と思ってしまい、心優しい友人を誘って「カップルが絶対いなそうな店で飲もうYO!」と盛り上がり、「ってなるとやっぱ焼き鳥でSHOW!!」と笠間のヒゲボスさんへ。
ヒゲボスさんにはヒゲボスさんがいらっしゃいます。有名陶芸家でもある彼は食べられないやきものだけでなく食べられる焼き物もうまい!
器はもちろん、ヒゲボス=高野利明さんのところで作られたもの。かっこいいんですよ、これがっ。
c0358850_11334239.jpg
c0358850_11334399.jpg
c0358850_11334369.jpg
c0358850_11334296.jpg
特にここに来たらレバーは絶対にご賞味いただきたい。絶妙の火の通し加減なのです。うっまー。

今日は花金!行っちゃってくださ~い!
c0358850_11334371.jpg
HigeBoss
〒309-1611 茨城県笠間市笠間 1349
FB https://www.facebook.com/HigeBoos/

[PR]
by g_yoyo | 2017-01-20 11:00 | 笠間の美味。 | Comments(0)


茨城県笠間にある陶芸ギャラリー曜燿のブログです。


by g_yoyo

プロフィールを見る

最新の記事

2017年4月のお休み ※こ..
at 2017-04-30 18:00
陶芸美術館に行こう!
at 2017-04-30 11:00
ひまつりスタート!
at 2017-04-29 11:00
店休日のお知らせ。
at 2017-04-27 18:00
陶炎祭(ひまつり)の心得。
at 2017-04-27 11:00

最新のコメント

cloverさん、こんに..
by g_yoyo at 10:34
最近落語にはまってる。赤..
by clover at 08:31
> keizan-nさん..
by g_yoyo at 11:55
ペッパー君のウザさは、他..
by keizan-n at 11:15
> cloverさん ..
by g_yoyo at 10:51
お大事に! blog楽..
by clover at 19:43
> keizan-niさ..
by g_yoyo at 10:56
こないだ頂いたこのビスケ..
by keizan-ni at 13:37
> tougeika-k..
by g_yoyo at 12:26
メリーチョコレートの箱詰..
by tougeika-kikuchi at 01:43

検索

ファン

ブログジャンル