<   2016年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

真夏ですね。Pasific(細野晴臣)

うだるような暑さ。
東京じゃアスファルトもとろけて
上海じゃ魚が煮えたぎり
ミネソタじゃたまごが茹であがり…と細野晴臣さんの『熱帯夜』の歌詞を想う。
そんな日には涼しい部屋の中で涼しい音楽をかけましょう。
細野晴臣、鈴木茂、山下達郎『Pasific』。
冒頭の細野節からもうワクワク。
ファンキーな鈴木茂さんの『Passion Flower』はフルートとコーラスが心地好いし、リズムがたっつぁんらしい『Kiska』はエレピにうっとりとろりです。
でもなにより『Nostalgia of Island』の波音と軽やかなギターを聴きながらクーラーの効いた部屋でうとうと居眠りをしたいな。



あっ、ちゃんと起きて店番をしておりますよ^^
そんなわけで店内いい感じに冷やしてあります。
ゆっくりご覧になれそうなお客様には冷たい麦茶もお出ししております。
どうぞ足をお運びください。
ギャラリー曜燿では現在『夏の器展』開催中です^^

[PR]
by g_yoyo | 2016-08-08 11:00 | 音楽。 | Comments(0)

鈴木美汐さんの水色のマグ、再入荷です^^

先日入ってきてすぐに売り切れてしまっていた鈴木美汐さんの水色のマグカップ、追加で納品していただきました!

c0358850_10280089.jpg

格子とhitoha模様が4点ずつ。
こちらも引き続きレアもの(カップの底をご覧ください♪)です。
とっても丁寧できれいな仕上がりです。
薄水色がとても涼やかなので『夏の器展』会場に並んでいます。
ぜひお手に取ってごらんください^^

[PR]
by g_yoyo | 2016-08-07 11:00 | 新入荷。 | Comments(0)

砂山ちひろさんの作品が届きました!

『夏の器展』会場に、また涼し気な器が届きました!

c0358850_18204386.jpg

砂山ちひろさんの『氷台皿』です。
北極の氷みたいなこちらのお皿、とても人気のあるシリーズです。
ある人は和の生菓子を載せ、ある人は刺身を載せ…。Sサイズにはアクセサリーや小物を載せて飾る方も多いそうです。

c0358850_18204393.jpg

なんにしてもひんやり気分を楽しめること間違いなしですよ~^^
そして『花器 たわむ 露』という作品も入荷です。

c0358850_18204402.jpg

こちらはひんやりというより涼し気な風が吹いていきそうな花生けですね。
朝露がきらり。緑がとても似合いそうです!

c0358850_18204460.jpg

『夏の器展』盛り上がってまいりました。
皆様どうぞ足をお運びくださいね^^

[PR]
by g_yoyo | 2016-08-06 11:00 | 新入荷。 | Comments(0)

店休日のお知らせ。

明日の5日(金)と来週9日(火)は店休日となっております。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。

c0358850_17104803.jpg
暑くてもう、こんな感じです。

[PR]
by g_yoyo | 2016-08-04 18:00 | お休みについて。 | Comments(0)

やっぱりパンが好き。

c0358850_16525850.jpg

河出書房新社から出ている、おいしい文藝『こんがり、パン』という本を読みました。

本を開いてまず一つ目のお話で、津村記久子さんの文章に、

「パンにバターをつけて食べるだけで幸せー」などとわたしはよく言うが、「だけで」というほどバターは控えめな脂肪ではない。

とあって打ちのめされる。

だって私もよく言っているのですから、その言葉。

死ぬ前に食べるとしたらどんな食事がいい?とか、これから先、ずっと同じメニューしか食べられないとしたら何を選ぶ?とかいう話題になって私が真っ先に思い浮かべるのはバタつきのバゲットなのです。あああのふんわりと香る芳ばしいパンの香り、パリッとした皮と滋味のある白い柔肌。バタは少し酸味のあるのがいい。発酵バタ、それが爽やかに鼻から抜け、乳本来の甘さを感じさせるのです。

もうひとつ、ひどく共感してしまったのが平松洋子さんの文章です。

「耳は、いつだってうれしい。(省略)とりわけにんまりさせられるのはパンの耳である。」

パンの耳愛。

「(食パンを買うと)はじっこに四角い茶色の一片がついていることがある。二斤なら、両側に一片ずつ。耳がちゃんとついているだけでまっとうなパンを買った気になり、うれしくなるのだ。」「わたしの目あては一枚だけついているパンの耳だった。はじっこの茶色い耳を確認すると、しめしめと舌なめずりをした」


共感せずにいられない、このパンの耳愛!


パンの耳大好きなんです。あんなに美味しいところを切り落とすサンドイッチが信じられません。だから私の作るサンドイッチは絶対に耳残しです。あの茶色の愛しさと言ったらかわいい小動物の毛並みのようではないですか(食べますけど)。

他にも気になる作家さんのパンにまつわる話がちょこちょこと抜粋されています。抜粋なので、ものすごく尻切れトンボな感じがしたりするんだけど、それはそれで、「この話の掲載されている本を読んでみたいなぁ」と思わされてしまうので、なかなかやりおる1冊なのです。

さあ、曜燿にパンの似合ううつわはありますかね。
それはこちら。鈴木美汐さんの角皿、トーストにぴったりのサイズじゃありませんか。

c0358850_17022672.jpg

小さな丸パンならそのシンプルさに寄り添うシモヤユミコさんの器はいかがでしょう?

c0358850_17022633.jpg


スコーンという手もあり、その場合、ジャムやクロテッドクリームを載せるスペースも必要なので山田洋次さんの長方皿など望ましい。

c0358850_17022628.jpg


うーん、パンが食べたくなってきた!

ギャラリーロード沿いにある森の石窯パン屋さんに買い出しに行きたいな〜。

留守番してくれる人(社長)が来てくれるといいんですが…。


[PR]
by g_yoyo | 2016-08-04 11:00 | 本ヨムヨム。 | Comments(0)

サントピア知ってる?

面白そうな企画のフライヤーが届きました。

『LAST BARGAIN SALE FOR SUNTOPIA』。

c0358850_11495631.jpg

あなたはサントピアを、知っていますか?
その昔、水戸で所謂『It Shop』だったビルです。1978年開店。それから80年代と90年代と、その時代らしく冒険的で、元気よくとんがったお店たちは賑わっていました。懐かしいなぁ。2007年に閉店したままずっとそこにありましたが、いよいよ取り壊されるというのです。

このフライヤーをひらりと裏返すと「SUNTOPIAへ 祭後(さいご)のバーゲンセール」と書かれていて、こんな説明が。

「水戸のサントピア全盛期の風物詩「バーゲンセール大行列」を再現するアートプロジェクトを行います。
これは解体され逝くサントピアへ捧げる「鎮魂景」です。
あの大行列の光景を去り行くサントピアに見せてあげようではありませんか。
往年のサントピアを愛したサントピアンの皆さまも、そうでないヤングマン諸君も、
老若男女問わず8月15日12時にサントピア前にお並びください。」

私には、サントピアは青春と切っても切り離せないものでした。こんなワクワクする企画、見逃せないです。

曜燿にこちらのフライヤー、あと少しですがございます。
この雰囲気のある写真…久々に取っておきたいフライヤーに出会いました。
昔はよくDMとかフライヤーとか集めていたものです。かっこよくて、捨てられなくて。
最近はどこでもおしゃれなのが増えました。今や、オシャレなお店に置かれているチラシの9割ははおしゃれです。だからなんだか取らなくても、取っておかなくてもいいような気がしてしまうのです。贅沢ですね。
でもなんだか久々に揺さぶられてしまいました。
保管用に一枚、いただきます。皆さまもどうぞお持ちください^^

[PR]
by g_yoyo | 2016-08-03 11:00 | ちょっとお出かけ。 | Comments(0)

8月です。大瀧詠一

すっかり梅雨明けし、薄く切ったオレンジをアイスティーに浮かべたい季節がやってきました。
曜燿では『夏の器展』開催中です。
店内冷えてます^^
どうぞご高覧ください。



[PR]
by g_yoyo | 2016-08-01 11:00 | 音楽。 | Comments(0)


茨城県笠間にある陶芸ギャラリー曜燿のブログです。


by g_yoyo

プロフィールを見る

最新の記事

最新のコメント

> desire_san..
by g_yoyo at 10:37
こんにちは、 私も「..
by desire_san at 18:52
cloverさん、こんに..
by g_yoyo at 10:34
最近落語にはまってる。赤..
by clover at 08:31
> keizan-nさん..
by g_yoyo at 11:55
ペッパー君のウザさは、他..
by keizan-n at 11:15
> cloverさん ..
by g_yoyo at 10:51
お大事に! blog楽..
by clover at 19:43
> keizan-niさ..
by g_yoyo at 10:56
こないだ頂いたこのビスケ..
by keizan-ni at 13:37

検索

ファン

ブログジャンル