<   2016年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

店休日のお知らせ。

明日の19日(金)と来週の24日(火)は店休日となっております。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。

c0358850_10571443.jpg

縁起物だけじゃなく、海産物も好きなんです。
このあいだのひまつりで購入しました。ゲッソーみたいでかわいいっす。

[PR]
by g_yoyo | 2016-05-19 18:00 | お休みについて。 | Comments(0)

うつわ使い Vol.28 古川欽弥さんの器。

最近、ちまちま盛りが気になっています。
色んなおかずをちょっとずつ食べたいお年頃なのです。
そんな時に役立つのが小鉢や盃。
ちょっと盛りが素敵に見える、素敵な器を使いたい。
うちの4番バッター、古川欽弥さんの小向付に登場願います。

先日、農産物直売所で購入した旬のきぬさやをさっとゆで、食べやすいサイズに切ってから、同じく農産物直売所で購入した粉末ピーナッツとお砂糖・醤油で和えてピーナッツ和えの完成です。簡単で美味しいです。

c0358850_10571410.jpg
気づけば去年も春ごろこの器で蕨を食べたんだった。日常的に使ってはいますが、この可愛らしい絵付けにウキウキと心躍って、私の中では『春に似合ううつわ』になっているのかもしれないですね。


この春、曜燿には古川さんの盃、ございます。

c0358850_12084622.jpg
c0358850_12084668.jpg

心があたたかくなるような土の風合いをどうぞお楽しみください。

[PR]
by g_yoyo | 2016-05-19 11:00 | うつわ使い。 | Comments(0)

エンギモノ。

お客様おススメの『鬼灯の冷徹』という漫画を読んでいたら、自分の誕生日が『地獄の釜の蓋が開く日』であることを知りました。

どうも。地獄からやってきました。

それを埋め合わせるかのように(?)、私は縁起物が好きです。

c0358850_10400850.jpg

タイトルがズバリ『縁起物』。これは手に取ってしまいます。
この本を読んでいると伝統的な行事というのはどれも縁起担ぎなのだなぁと思いました。

序章には「仏教では、万物は互いに縁となって生起すると説きます。この世は「一方がなければもう一方もない」というように、諸々のものがすべて「縁りあって」存在しており、その存在の仕方を「縁起」と呼んでいます」と書かれてあり、縁起物とは願いを託して福を招き寄せる手段であると説明されています。
まあ、単純に、エンギモノってかわいらしいものが多いから好きなんですけれど。
要は祭りなわけで、毎年6月30日に行われる笠間の稲荷門前通りで行われる茅の輪くぐりや、霊験あらたかな仏や菩薩が出現する日にお寺に詣でれば、必ず功徳があるという信仰がもととなっている『縁日』も楽しみな季節になってきました。
早く夏が来ないかなぁ。
笠間は夏もイベントが盛りだくさんです。当店に設置されている『笠間ファン倶楽部通信』で行事をチェックしてみてくださいね^^

[PR]
by g_yoyo | 2016-05-18 11:00 | Comments(0)

Curry is justice!!!

カレーは正義である。

つくづくそんなことを実感する自炊生活。

① 月曜日に豆サラダを作り~♪
 (ミックスビーンズの水煮と大豆の水煮をおろしにんにく・オリーブオイル・塩胡椒で和える)
② 火曜日に野菜スープを作る~♪
 (ベーコン・玉ねぎ・人参・エリンギ・しめじを使ったコンソメスープ)
③ 水曜日に野菜スープに飽きて~♪
 (スープに牛乳を投入して味を変える)
④ 木曜日に豆サラダにも飽きる~♪

はい。ここで、豆サラダを小鍋に移し、軽く炒めた後、③のミルクコンソメスープとカレールウを加えます。使いまわし献立で超絶時短にもかかわらず、ばっちり美味しい豆カレーの出来上がり。

c0358850_12004025.jpg

大満足。カレーの力ってすごい。
ちなみに私が良く使うのはコスモの直火焼きシリーズかエバラの横浜舶来亭のもの。量も調節できるし溶けやすいし、やはりフレークタイプが便利です。今回は横浜舶来亭の『トロピカルカレー』にしてみました。コクがたまりません。カレー最高。
そして、

⑤ 金曜日はご飯を入れて~ドライカレーもどきをつくる~
テュリャ テュリャ テュリャ  テュリャ テュリャ テュリャリャ
テュリャ テュリャ テュリャ  テュリャ リャ~~~♪


となります。
そんなカレーやドライカレーもどきを盛るのにぴったりの素敵なカレー鉢、曜燿で売ってます。

c0358850_12522732.jpg

[PR]
by g_yoyo | 2016-05-16 11:00 | つれづれ。 | Comments(0)

ひまつりを振り返るおやつじかん ~後編~

前回の続き。

役者(器)も揃い、いよいよ、おやつタイムのはじまりです。
…と、そうでした。今回のヒロイン、ケーキちゃんのご紹介がまだでしたね。

今回は、笠間の隠れた名店(場所が隠れ家的に、結構なかさマニアでないと入らない路地にあります。笠間の路地は本当に素敵!)はたおかさんのケーキを舞台に載せましょう。リーズナブルな価格設定でどれもお値段以上と名高いケーキの中からショートケーキを選び、中野さんのお皿にON。可愛らしいケーキ、実際の甘さはそのままに、見た目がキリッとひきしまる。まるで純情可憐な少女の女優フェイスを見たかのよう。

ベリークール。

さささ、似非カプチを淹れましょう。
豆は茨城が誇るSAZAのケニヤ。これはミルクとの相性ばっちり。
カプチーノやカフェオレにする場合、深煎りの豆がおススメですが、この時、単に苦みの強い豆だとミルクと混ぜたときにコーヒーの良さが目立たないのです。なので、深煎りで、適度に酸味もあり、香りのいいボディある豆を選ぶと美味しいです。
ミルクを殺さず、ミルクに負けない。完璧なマリアージュ。コーヒー飲みたいけどちょっと胃を労わりたいな、でもエスプレッソマシン持ってないし…って時におススメなメニュー、それが似非・カプチーノです。

フォームドミルクを作りましょう。お好みの牛乳を温め(あまり温めすぎるとうまく泡立ちません。60度くらいが良いそうです)、ミルク泡だて器のスイッチをON!20秒くらいかけて、2倍くらいの量に膨らめばOKです。
kei君のピッチャー、ハンドルがついているし口も広いのでミルクを泡立て易い!高さも十分です。今まで使いづらいカップを使って泡立てていましたが、このこを使えばなんてストレス無しなの!出会えてよかった!!という感じです^^

ベリーグッド。

c0358850_11143557.jpg
あとはただゆっくり、『いただきます^^』。
かさま感をフルに実感しながらおいしくいただきました。

次回はぜひ幻のキャラメルロールケーキ(大人気でいつも売り切れ。ちなみにフルーツロールも評判です)をいただきたいです。ウフフフフ´∇`

[PR]
by g_yoyo | 2016-05-15 11:00 | 笠間の美味。 | Comments(0)

ひまつりを振り返るおやつじかん ~前編~

いや~。ひまつり。盛況でしたね。
今年の来場者数は55万7千人で、行楽において県内トップの人手だったそうです。
(いつもながら誰がどうやって数えているのか…ハッ!まさかあのゲートに高性能のカウンターが……!?!?)

そんな連休も開け、今週は静かなのかなぁ、ちょっと寂しいなぁと思っていましたが、引き続きお客様に来ていただけていて嬉しい毎日です^^
でもやはり気持ち的にはふっと一息。
ゆっくりと今年の陶炎祭を振り返ってみたりします。

私が会場に足を運べたのはひまつり後半の5月3日でした。
お天気が良くてけっこう暑かったんですよね。歩いているうちに汗が…。というわけで、共販センターさんのテントで手ぬぐいを買いました。桜餅みたいな色のきれいな手ぬぐいに色とりどりの裁縫道具が染め抜かれている。ピンクってことで恋愛運UPも目指せますね、よし。
首に巻いて出発です。
今回私が探していたのは、ミルクピッチャーでした。
というのもわたくし最近100円均一ショップCAN DO(『キャンドゥ・マーチ』、めっちゃクセになります。しかしどうしても冒頭、「とうとう壊れちゃったよぉ~」って聴こえますな。気になる方はYOUTUBEでチェックしてみてください)でミルク泡だて器を購入したのです。普段ブラック派なので別に買おうと思ったことはなかったのですが、なんとなく、ほんとうになんとなく、ふと、買っていました(疲れていたのか)。そうしたら。

いいんですよ。

これが。

本来カプチーノはエスプレッソとフォームドミルクで作るんですよね。
うちにはエスプレッソマシンがないのでドリップなんですけども、じっくり淹れて湯量を通常より少なめ(半分くらいで落とし止める)にし、泡立てたミルクをふんわり載せればすればこれはウットリ、美味しい似非カプチーノのできあがり!
楽しい、美味しい、大好き!と、ドリカムのパクリ曲を歌いだしそうになったほどでした。
これは使える…と。しかし、普通のカップだと立った泡がグーッと上がってきて溢れてしまうのですよ。
それで困ってミルクピッチャーを作ろうと登り窯まつりに臨んだんです。が、作っているうちにどんどんどんどん大きくなってしまいました。無念。いや、あれはあれでとても気にいっているんですが、カプチーノ用のピッチャーは別に用意しなくては…と思っていたわけです。
そうして通りかかってぴったりなサイズ感のものを見つけたのが曜燿でも作品の取り扱いのあるkeicondoさんのテントでした。おおう、灯台モトクラシー!そんなわけでお買い上げ。
そして次いで欲しくなったのがケーキ皿。かわいらしいケーキがきゅっと引き締まるケーキ皿。そうして「これ!」と決めたのが中野明彦さんの5寸皿。5寸皿ってケーキを盛るのにちょうどいいサイズですよね。しかしながら食い意地の張った私の持つ皿は6寸以上ばかりで、5寸皿は白1枚だけでした。黒っぽいお皿に映えるケーキも載せたい!とこれに決めたのでした。

c0358850_11143797.jpg
さあ、役者(器)は揃った!!!

というところで後編につづきます。



[PR]
by g_yoyo | 2016-05-14 11:15 | 笠間の美味。 | Comments(0)

店休日のお知らせ。Y.M.O

明日の13日(金)と来週の17日(火)は店休日となっております。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。

あらら。ついこないだも『13日の金曜日』があったような…(去年の11月ですね)。
割とあるんですね~。でもまあ、
4は幸せの『し』、9はムネキュンの『きゅ』、13は良いさの『いいさ』ってことで!!
人生語呂合わせなり~。



ああ、教授にしようか細野さんにしようか迷うところですなぁ…(なにが)。
しかし指をくわえる教授ったら。かわいく見えるのがすごい。

[PR]
by g_yoyo | 2016-05-12 18:00 | 音楽。 | Comments(0)

お出かけ日和。

ちょっと前、お休みの日に夢豆さんでコーヒーをいただきつつクロスワードパズルを解いていたところ、お店のドアが開いて「あ、のんちゃん(ワタシです)だーーー!」という元気な声とともに大好きなAさんが姿を現しました。後ろから、須知大さんもいらしゃってご挨拶。ワーイワーイとはしゃぐ36歳(私)。お久しぶりでございました^^
インフルの後遺症で暫くコーヒーを飲みに行けていなかったのですが、ようやく行けたらさっそくこんな再会が。こういうのってなんだかとっても嬉しいです。

そんなわけで、素敵なDMたち、いただきました。

5月19日からの『やさとの椅子展 Vol.14 ~椅子の時間~』

c0358850_12252827.jpg

前回お邪魔しましたが、今回もきっとあの素敵な場所に素敵な椅子がずらりと並ぶんだろうなぁ。
須知さんの椅子ももちろん並びます。
八郷の、こんこんギャラリーにて、29日まで開催されます。

そして、益子のごはん屋ギャラリー猫車では大塚和彦展『心弾むものたち』が開催されます。

c0358850_12252757.jpg
こちらは5月19日~6月12日まで。この季節の猫車は新しい緑に囲まれてとても気持ちがよさそうです!

それから、6月にはさいたまのギャラリー樟楠で『笠間益子- craft & create -』という企画展が開催されるそうです。

c0358850_12252730.jpg
こちらのDMをくださった須知さんのほか、当店に並んでいる作家さんの作品も展示されるようです。
ギャラリーは古民家のようで、ロケーションも素敵で、これはぜひ行ってみたいですねぇ。
期間は6月24日~7月3日まで。

この季節はイベントや展示会がもりだくさんです。
曜燿には素敵なDMたち、たくさん置いてありますので、お出かけの参考になさってくださいね^^
出先で懐かしい誰かに会えるかもしれません♪

[PR]
by g_yoyo | 2016-05-12 11:00 | つれづれ。 | Comments(0)

POP LIFE。プリンス

80年代は好きですか?
それはまだうかれた物語が機能していた頃。
あれはやらせだとか不謹慎だとかなんだとかで騒いで抗議する視聴者も少なく、テレビも自由にやっていた頃。
その頃こそ至高、とか言いたいわけではなくて(やりすぎな部分もたくさんありましたし)、でも最近の日本はちょっといろいろと締め付けすぎなんじゃないかって感じます。なんだか厳しくって狭くって、選択肢がない。狭い狭い1本道を外れないようにと歩かされるような感じ。
最近読んだ本に文化についてのこんなお話がありました。

「フロイトはわりとペシミスティックに「しょせん、これは子供だましなんだ。幻想でしかないんだ」ということを強調したんだけど、ウィニコットは、「ある一定期間、この幻想がなくては人は未熟な状態から大人になることができないんだ。だから、このおもちゃ、あるいは文化というものは、錯覚、イリュージョンとして成長のために必要である」と言って肯定した。」(『幻滅と別れ話だけで終わらないライフストーリーの紡ぎ方』より)

この本では、物語についても語られています。

「いつも教えてくれているのは物語であって、共有された物語がそういうふうに言っている通りだと思うんですよね。多くの読者に物語の展開を通して、人生に幾通りもの生き方があるんだっていうことを教えてくれているんだと思う。」

また、物語というものについては、別の本でも。

「だってドラマ、フィクションっていう妄想みたいなものは、本当は怖いわけなんですよ。当たり前みたいになっている今の世の中に揺さぶりをかけられる唯一のものだと思うんです。今の世の中を、「本当にそうなのかよ?」ってワーッて揺さぶる力が物語にはあるんじゃないかと思うわけです。」(『6粒と半分のお米』より)


幻とか夢とかキラキラしたものを締め出さないで生きていきたい。

『だれもがTOPになれるわけじゃないんだ
 だけどPOPに生きなきゃ
 人生は本当に楽しくなりはしないよ』

Princeの訃報は本当に残念でした。
冒頭の80年代のお話はここにつながるわけなのでした。80年代とプリンスと物語。きらきらと夢を見せてくれる存在。こちとら2010年代もきらきらさせてみせよう!


さてさて、POPな毎日を紡ぐには相性のいい生活の道具も大切な存在です。
曜燿にはPOPが盛り上がる器、ございますよ。
例えば田中雅文さんの『Layer. series』。

c0358850_14155169.jpg

赤・白・オレンジ・青・黄・緑とポップなカラー・バリエーションに、どれを選ぼうかワクワク。ご家族や友人と色違いのお揃いにしても楽しそう。
企画展『白の器展』会場に並んでおります(ボディが白なので)。どうぞお手に取ってご覧くださいね^^

[PR]
by g_yoyo | 2016-05-11 11:00 | 音楽。 | Comments(0)

かにたちの宴。

曜燿には蟹が住んでいます。

c0358850_12503096.jpg
これは鈴木明日実さんの蟹。宮沢賢治の『やまなし』がモチーフの飯碗です。
見込みには梨が描かれているのがちらっと写っていますね。
涼しげなブルーがこれからの季節にぴったりです。

c0358850_13064532.jpg
c0358850_13064767.jpg

こちらは工房『雲』さんの蟹。かわいいけれどけっこうリアルなので調理後の姿を想像してしまい、とても美味しそうです。
飯碗と片口鉢があります。
蟹好きさんどうぞおいでください^^

ちなみに蟹を住まわせているのは私の個人的嗜好です。
蟹食べた~い!!!という叫びとともに『In the mood』が流れるあのCMを、多感な頃に聴いて育ったからでしょうか?

でも、あれ、よくよく思い出してみると蟹料理屋のCMじゃなくてレッドロブスターのCMでしたよね。寛大だなぁ。

[PR]
by g_yoyo | 2016-05-09 11:00 | つれづれ。 | Comments(0)


茨城県笠間にある陶芸ギャラリー曜燿のブログです。


by g_yoyo

プロフィールを見る

最新の記事

最新のコメント

> desire_san..
by g_yoyo at 10:37
こんにちは、 私も「..
by desire_san at 18:52
cloverさん、こんに..
by g_yoyo at 10:34
最近落語にはまってる。赤..
by clover at 08:31
> keizan-nさん..
by g_yoyo at 11:55
ペッパー君のウザさは、他..
by keizan-n at 11:15
> cloverさん ..
by g_yoyo at 10:51
お大事に! blog楽..
by clover at 19:43
> keizan-niさ..
by g_yoyo at 10:56
こないだ頂いたこのビスケ..
by keizan-ni at 13:37

検索

ファン

ブログジャンル