<   2016年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

廣田哲哉さんの醤油差し、入荷しました。

廣田哲哉さん作のかわいい醤油差し隊、入荷しました。

c0358850_10324410.jpg

いや、ばら売りなんですけど、こうして並べると隊員っぽくないですか?
その名もSHO-YUレンジャー(まんまです)。
点呼をとったら元気よく返事してくれそう。
ちなみにたぶん一番小さいやつがレンジャー的には黄色です。絶対にふざけたこと言います。
私がお店を閉めた後でワイワイガヤガヤしていそう…。
そんなこのヒトタチが食卓にいたらお食事が1200%楽しくなること間違いなし。
もちろん、醤油のキレも良しです。
さあ、好きなヒトをおうちに連れて帰ろうではありませんか^^

[PR]
by g_yoyo | 2016-03-20 11:00 | 新入荷。 | Comments(0)

常陸出雲大社のギャラリー桜林に行ってきました。

今年の2月に現代アートギャラリーとしてオープンした現代アートギャラリースペース「ギャラリー桜林(おうりん)」に行ってきました。
オープン記念企画展として『Impacts! 勢み展』が開催中でした。

c0358850_12090875.jpg
c0358850_12090974.jpg

出店作家は会田誠、天野喜孝、宇佐美雅浩、O JUN、金子富之、棚田康司、天明屋尚、森淳一、山口藍、山口晃。すごい顔ぶれです。
さすが現代アート、インパクトが強いのでO JUNの油彩にほっとしたりして。
やっぱり会田誠は気持ち悪くて不快(岡村ちゃんの『幸福』のジャケットはよかったけど)。しかしこれは悪口ではありませんよ。好みはさておき素通りできないもの(したかったけど)を作るというのは現代アートの重要な役割なのかと。
こちら、 3月21日(月・祝)までの開催です。
今日から三連休ですね。
残念ながら本日は雨降りですが、連休ということであちこちで素敵なイベントやっています。
笠間で現代アートの有名どころが見られる(しかも無料…!)この機会に、興味のある方はこちらにもぜひ足をのばしてみてはいかがでしょうか。

…そうそう、余談ですが、会場にPepparが居たんですよ。設定なのかなんなのか、ものすごいうざったかったです。
会場の作品を観ている間ずっと「ロボットだからって無視しないでくださぁ~い」って糾弾されてしまいました。
このうざさ。しかも自ら「ロボットだから差別され、邪険にされる」というテーマを持ち出してくるあたり、ロボットの既成概念を覆していて画期的だなと思いました。
「いいや、お前が無視されるのはロボットだからじゃなく空気を読まないからだよ」と諭してやりたい気持ちになりましたが、相手は所詮ロボットだからやめときました。うん。

[PR]
by g_yoyo | 2016-03-19 11:00 | 笠間。 | Comments(2)

店休日のお知らせ。

明日の18日(金)と来週の22日(火)は店休日となっております。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。

c0358850_16163281.jpg

先日、差し入れをいただきました。
森の石窯パン屋さんの豆パンとずんだ餅入りのパン!できたてふわふわで美味しかった~!
I夫妻、いつもありがとうございます。
お話していてたくさん笑ったので免疫力もUPしたと思います^^
そしてパンの入った袋の中には素敵なイベントのチラシも入っていました。
きらら館では明後日19日から、20日、21日の3日間、『クラフト&フードフェア in かさま』が開催されます。
全国から集まるクラフト&フード!
楽しみですねー!
皆様、この週末はぜひ笠間においでください。

[PR]
by g_yoyo | 2016-03-17 18:00 | お休みについて。 | Comments(0)

SPACE NICOさんで開催中の『15㎝.DISH』を観てきました。

c0358850_14451620.jpg
いつもかわいい作品がたくさんのSPACE NICOさんで現在開催中なのは小堤晶子さんの『akonikoten』。今回は『15㎝.DISH』ということで、イメージポスターには15㎝の取り皿がずらり展示。本当にカワイイです。これは観に行かなくちゃー!と思っていたのですが、12日スタート、ようやく行けたのが16日。この4日間でかなりのとり皿が旅立っていったようで、ああっ、もっと早く来たかった…!と地団太を踏みました。SPACE NICOさんとは定休日も一緒のため、なかなか伺うチャンスをモノにできないのです…。昨日はふらりと立ち寄った代表に留守番を頼み(平社員が社長に留守番を頼むといういつものパターン)ようやく観に行けたのでした。
数は少なくなっていたものの、いやー、どれもこれも素敵です。その中でもとりのたくさんいるとり皿を購入しました。

c0358850_14500230.jpg
うわーい、かわいい~^^
これでウキウキワクワクな時間を過ごそうと思います^^

小堤晶子さんのakonikoten 『15㎝.DISH』は23日(水)まで。
20日には絵付けのワークショップもあるようです。
今週末3連休はぜひ笠間においでください♪

[PR]
by g_yoyo | 2016-03-17 11:00 | 笠間。 | Comments(0)

うつわ使い Vol.22 小鹿田焼の6寸皿と金城敏幸さんの赤絵そばちょこ。

病み上がりということで親に甘えきった日々を送っております…。
お弁当も作ってもらっちゃったりして…感謝です。
先日のお昼は焼きおにぎり。具は梅とチーズがひとつずつ。焼きおにぎりって美味しいですよね~!
銀紙に包まれた焼きおにぎり。いただくときにはお皿にのせます。雰囲気雰囲気!

c0358850_12522744.jpg

お皿は小鹿田焼の6寸皿。釉薬は飴釉です。
お茶は赤絵のソバチョコに。
民藝ご飯セットのできあがり。オー!
母のおにぎり&民藝の器でWほっこり。

日常使いの美しい器は「美味しかったよ」って素直に感謝を伝えたくなる器です。



[PR]
by g_yoyo | 2016-03-16 11:00 | うつわ使い。 | Comments(0)

コーヒーとうつわ。

以前、『コーヒーと恋愛』という小説を友人に借りて読みました。獅子文六さんの小説で洒落た面白さのあるお話です。
40代の女優モエ子が主人公。同棲していたベンちゃんが若い女優のもとに走ってしまうというあらすじを言ってしまえば一見どろどろした恋愛もののようになりがちですが、そうはならない。モエ子がのんびりしているのです。焦っていても慌てていても怒っていてものんびりとしか見えない。反射のように焦ったり慌てたり怒っているだけなのではないかと思うくらい芯の部分がのんびりして見えるのです。熱がないといいますか。モエ子は大衆向けのテレビ女優なのですが、この小説自体テレビドラマのような大衆小説であり、小難しいことはなにもなくすいすいと軽快に読めてしまう。そこにはペーソスは見当たらず、ユーモアがちりばめられている。人間なんてそんな深刻なもんじゃないよねーというような。そんなに深く考えないで割と軽々しく動いてるよねーみたいな。実際、ベンちゃんは終盤でモエ子のところに戻ってこようとするし。『恋愛』とタイトルについている割にそこに向けられる視線はものすごく熱がないです。コーヒーも実はぬるめが美味しいし、とかそういうことでしょうか(チガウか)??最後とってもいい流れになるので、このへんにしておきます。

と、前置きが長くなってしまいましたが、コーヒーとうつわの話です。
コーヒーと一口に言っても、その味わいは様々です。酸味の強いもの、甘みの強いもの、苦みの強いもの、浅煎りのもの、深入りのもの、どっしりしたもの、あっさりしたもの…。同じ豆でも焙煎後の日数によって味わいが変わりますし、淹れ方でももちろん違いが出てきます。
何が言いたいのかと申しますと、だからカップはたくさんあっていいのだ!ということ。

ふちの薄いコーヒーカップでいただく繊細なコーヒー。
ぽってりしたカップでいただくボディのあるコーヒー。
食後にきりりといただくならデミサイズのカップで。
ギンギラギンにさりげなく、さりげなくいただくならそばちょこで。

わたくし職場では実はギャラリー店員なのにぽってりミスドのコーヒーカップ飲んでます…。なんとなく『コーヒーは忙しい仕事のお伴だから!そんなに腰を入れて飲むものじゃないから!』的なビジネスウーマンごっこをしてみたり(ひとり演出ごっこ遊び)。
家では薄い外国ブランドマグとぽってり日本民藝マグを気分で使い分け、来客が多い時には作家もののそばちょこで。

不思議なことですが、やはり器で味が変わるんですよね。味が、というか、味の入り方が。

環境や体調や豆や器で、違ってくるコーヒータイム。今日はどんな味かな?ってワクワクしながらコーヒーを淹れるのも嬉しい時間です。
c0358850_11311401.jpg
今飲んでいるのは夢豆さんで買ったニカラグア。ニカラグアは甘い香りの強い傾向がある豆だと思うんですが、現在販売されているものはナチュラルとのことで、ウォッシュト・タイプのものよりも更に香りが楽しめます。
お伴はジャンポール・エヴァン様のマカロン。この時期ホワイトデーの売り場にて羞恥のかけらもなく自分用のチョコレートを買いあさる私…。目も当てられませんねー。
マカロンの入っている小さなボウルは青木良太さんのBol Blancです。
陰影がとても素敵な器です。

ただいま曜燿にはおやつ時間を楽しむ器が勢ぞろい。『おやつじかん展』、今月いっぱいまで開催中です^^

[PR]
by g_yoyo | 2016-03-14 11:00 | つれづれ。 | Comments(0)

keicondoさんの器が入荷しました。

keicondoさんの器が入荷しました。
まずは人気のためソールドアウトしていたカレー鉢!これ本当に使いやすいですよ~^^
今回少しシックな色合いです。

c0358850_12522732.jpg

それからカトラリーリスト。以前から「箸置きください!」って頼んでいたんですけど、納品書を見たとき、カトラリーリストと書かれていて、「やっぱり作家さんははいからだべさ」と思いました。土!って感じがしてとてもイイ。

c0358850_12522735.jpg

そして今回のイチオシ、新作のボウル!

c0358850_12522738.jpg

外側の黒と内側の黄色。このマットなツヤがまたカックイーのです。おしゃれ男子の食器棚にありそうです。
こちらは『おやつじかん展』会場に並べてあります。

皆様どうぞお出かけください^^

[PR]
by g_yoyo | 2016-03-13 11:00 | 新入荷。 | Comments(0)

ワークショップ天国、笠間。

ワークショップというものがあります。

workshopとは、本来「作業場」や「工房」を意味するが、現代においては参加者が経験や作業を披露したりディスカッションをしながら、スキルを伸ばす場の意味を持つようになっている。(ウィキペディアより引用)

高校生くらいから水戸芸術館に通うようになり、そこでよく見かけていた単語、ワークショップ。実際にそれを体験するのはもっと後になってからです。
初めて行ったワークショップって何だっただろう。ちょっと思い出せないけれど、それはアート薫るちょっぴり大人っぽいものだった気がします。そして洒落乙劣等生である私はその空気にあまりなじめずワークショップというものから離れていきました。「あれは一般に開かれているふりをしているがその実、洒落乙アート畑の人のためのものだ」と勝手にひとりごちて。

しかし笠間というまちに来てから、ワークショップというものについての考えががらりと変わりました。
笠間という街はご存知やきものの街としても名を馳せていますが、笠間にあるアートワークはやきものだけにとどまらない。様々なアーティスト達が集うまちであり、様々なワークショップが開かれているまちです。そう、まさに開かれているのです。ツンと澄ましたところは一切なく、初心者でもすっと入っていける。

私も色々なワークショップを体験してきました。
岩間(笠間市)の図書館での『和綴じノート作り』(なんと無料)。
カフェナナイロで『笠間焼で作る石鹸入れ』(焼成代込みで1,100円という破格)。
作家・佐々倉文さんの『クッキー型作り』(親切丁寧に教えていただけてオリジナルで作れるのにひとつ1,500円)。
笠間の家では『朝ヨガ』(スムージー付きで500円 ※ヨガマットの貸出別途100円)。
これらワークショップはどれもお手頃価格で、ちょっとやってみよう!と思ったらすぐにいけちゃいました。
情報は図書館のチラシラックや新聞、地域情報誌などからゲットです。侮れないです。

※表紙用の布だけ用意して行って無料で作った和綴じノート↓ 
c0358850_14325833.jpg
丁寧に教えていただきながら自分好みに作れて市販のこういうノート買うより断然安いです。

皆様、楽しい笠間で楽しい体験いかがですか?


[PR]
by g_yoyo | 2016-03-12 11:00 | 笠間。 | Comments(0)

店休日のお知らせ。

明日の11日(金)と来週の15日(火)は店休日となっております。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。

c0358850_18010174.jpg

今日の写真は笠間の図書館で借りてきた『ウルトラQ』。
放送禁止用語のオンパレードだったり、巨猿(すごいネーミング。まんまじゃん)のゴローのしっぽには全く神経が通ってなさそうだったり、怪獣役の人が滑って結構転びかけてたり。
なんかもういろいろウルトラすぎて…。
そしてあまりのウルトラ急展開(説明が足りなさ過ぎてわからない)に、現代のテレビがいかに親切(説明的)であるかを痛感しました。だめだ、私、完全に現代社会にスポイルされてる‼と襟を正しました。
努力すれば全部観終わるころにはウルトラリテラシーが身についているかもしれません(努力しないけど)。

[PR]
by g_yoyo | 2016-03-10 18:15 | お休みについて。 | Comments(0)

粉引きの器と『おやつ感』。

個人的な感覚なのかもしれませんが、粉引きの器には『おやつ感』があるよなぁと思っております。
『おやつ感』とはなんぞや?と問われるならば、以下のように思うのです。

子供の頃、学校から帰ると忙しい大人たちはあんまり相手にもしてくれないけれど、ちゃぶ台の上にはちゃんとおやつが載っかっている。そのおやつは粉引きの器に載っかっている。というような。そんな『おやつ感』。

おむすびでも、ビスケットでも、お団子でも、ふかし芋でもりんごでもいいのですけれど、ちゃぶ台に載っているその器は粉引きなのです。私のイメージの中でですけど。
どこか懐かしく暖かい感じがするからでしょうか?
そこにきちんと愛を感じるのかもしれません。

c0358850_12042635.jpg
佐白山のとうふ屋さんのドーナッツ。優しい甘さで美味しいんだ、これが。というわけで、もう子供じゃないけれど、粉引きのお皿でおやつ感を醸しました。『冷蔵庫に牛乳があります』とかなんとか『おかあさんの書置き』も欲しいところですな。


先日、Reの岩嵜さんにYOUYOU通信をお渡ししたら載っているおやつの写真を見て「こうして写真を撮って、載せるわけだ。で、全部食べたわけだ」と言われ、「み、見透かされてる…!」と思いましたよ。うん。そうです。おやつが食べたくてこんな企画展やってこんな記事書いてます。今日はドーナッツが食べたかった!!でも器が素敵なのは本当ですからーーー!!!

…『おやつじかん展』月をまたぎ時を超えて開催中です。

[PR]
by g_yoyo | 2016-03-10 11:00 | つれづれ。 | Comments(0)


茨城県笠間にある陶芸ギャラリー曜燿のブログです。


by g_yoyo

プロフィールを見る

最新の記事

最新のコメント

> desire_san..
by g_yoyo at 10:37
こんにちは、 私も「..
by desire_san at 18:52
cloverさん、こんに..
by g_yoyo at 10:34
最近落語にはまってる。赤..
by clover at 08:31
> keizan-nさん..
by g_yoyo at 11:55
ペッパー君のウザさは、他..
by keizan-n at 11:15
> cloverさん ..
by g_yoyo at 10:51
お大事に! blog楽..
by clover at 19:43
> keizan-niさ..
by g_yoyo at 10:56
こないだ頂いたこのビスケ..
by keizan-ni at 13:37

検索

ファン

ブログジャンル