<   2015年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

営業時間短縮のお知らせ。

誠に勝手ながら、明日の11月21日(土)は15時半までの営業とさせていただきます。

ご迷惑をおかけ致しまして誠に恐縮ではございますが、何卒宜しくお願い申し上げます。



[PR]
by g_yoyo | 2015-11-20 18:00 | お知らせ。 | Comments(0)

店休日のお知らせ。

明日の20日(金)と来週の24日(火)は店休日となっております。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。

※「いつもブログ見てるよ!」と言ってくださる稀有な存在のAさんから、「お休みのお知らせの日にあるわけのわからない写真が好き❤」というマニアックな感想をいただきました。そんなニッチな方々に向けて今日も贈ります、わけのわからん写真シリーズ。

c0358850_11423510.jpg

笠間にはライオンがいるよ…。テーマパークとかじゃなくて、道端にいきなりいるよ…。
「これ知ってる!」という方はかなりの笠間通とみた。

[PR]
by g_yoyo | 2015-11-19 18:00 | お休みについて。 | Comments(2)

おでんしか見えない。

夕方からはもうだいぶ寒くなってきましたね~。
こんな時に恋しくなるのがおでんです。
突然、恋しおでん、ってな気分になっちゃったらもうコンビニに寄っちゃったりもしますけれど、前もって「よーし、明日はおでんを食べるぞ!!」と仕込むのもまた楽しいものです。
今回は計画的におでんを煮込みました。まず大根とたまご、しらたきに味をしみ込ませるため、前日から下ごしらえをしておきました。当日になっていよいよおでんらしいものに着手です。練り物や揚げ物はちゃんと油抜きをして、澄んだおでんを実現!したのですが、たまご、味しみていませんでした…無念。固くなってしまわないよう、ちょっと煮た後はつゆとともにジップロックに入れ、冷蔵庫に入れておいたのですが、急冷したのが良くなかったのか…次回はいっそみりんとしょうゆで味付卵にしてしまおう(煮込む前に大根おろしに漬けるという手もあるそうです)…と反省いたしました。でも手間暇かけたおでんは満足度高くいただけましたよ~^^

c0358850_15551830.jpeg

さて、このおでんを盛りつけた器ですが、備前の向付です。
岡山の高力芳照さんの作。

c0358850_15551870.jpeg
緋襷もあるのに色合いがシブくてかっこいいですよね。
麗しの陶芸女子Yちゃんが「これにおでん盛ろう!」と言っていたのをちゃっかり真似ました。うん!Yちゃんさすがの審美眼!でした。
土色の器ってあたたかみがありますよね。寒い冬に備前、BIZENでODEN、皆様も食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか?

[PR]
by g_yoyo | 2015-11-19 11:00 | うつわ使い。 | Comments(2)

日本陶芸展を観て来ました。

c0358850_16241506.jpg

日陶展も23回目。公募部門と招待部門の作品が一堂にずらり。見ごたえありました。
見ていて感じたのが『アヴァンギャルドと伝統』ということ。
「こんなものを陶で作るか!」といった挑戦的なものと、「陶を追求したからこうなった!」ものと、どちらも観ることができ(比率的には前者のもののほうが多いかもしれないですが)、昔買ったアートの前衛についての本を思い出しました。こちらは陶芸にかかわらずアートについて論じられたものだったのですがこの本がとても興味深くて、考えさせられたものでした。前衛は市民権を得た瞬間から腐っていく。新しさはすぐに古くなってしまう。躍進はすぐに停滞してしまう。安定したものには慢心も生まれる、と。そのバランスやスピードが非常に難しいのが美術・芸術なのだと。
そんなわけで『美術』ってものにはなんだかもっと刹那的なものを感じるので、伝統工芸としての陶芸って私にはあまり美術って感じがしないんです。伝統工芸の美は悠久の美だと思う。どこか禅的なものを感じます。前衛陶芸はとても個人を感じる。それぞれの面白さがありました。こちら、12月6日(日)までです。

2階では『進行形・女子陶芸』の展示も開催されていました。
不謹慎(?)かもしれませんが私は『ときめきメモリアル』を思い出していました。PSか何かのゲームソフトで、主人公の男の子がいろんなタイプの女の子を攻略していくあれです。あれって、お嬢様タイプとかボーイッシュタイプとかちょっと変わった芸術家タイプとかいろいろいるじゃないですか。でもガサツな女は一人もいない時点で全く現実的じゃないファンタジックなラインナップなんですけれど、こちらの会場は様々な女性性を表しながらもとってもリアルでした。優しくって美しいだけじゃない、女性の怖さもなんとなくにじみ出ている。きっぱりとした無慈悲な強さと言い換えてもいいかもしれない。だってそれが無くっちゃ守るものも守れないのだから当然です。そしてそれがあるからこそ本当に美しいのではないでしょうか。ただただガサツなだけのだらしない私には、ちょっと卑屈になりそうなほど眩しく映りました。強く美しい陶芸でした。こちらは来年の2月21日(日)まで。


さて、せっかく工芸の丘に来たらソフトクリーム食べないといけませんね。そうですよね。
11月いっぱいの限定フレーバーは栗ソフトです。今回私はミックスをオーダーしました。溶けてしまうので写真はありません…というか食べるのに夢中で撮り忘れました。
ぱくりといただくと栗と洋酒の素敵な香りがふわわんと鼻に抜けていきました。

「OH…」

なぜか突発的に外国人になってしまうほど至福のひととき。こっくり栗ソフトとさっぱりバニラのハーモニーがちょうどよくて最高でしたよ^^
寒い時期にアイス食べるのってまたイイんですよねぇ。店内でゆっくりいただけるので風は避けることできますし。手荷物があっても大丈夫!美術と食、両方満たせる陶芸美術館・工芸の丘にどうぞお出かけください。

あっ、当店ギャラリー曜燿のあるギャラリーロードはそのすぐ下に延びる道路です!是非お立ち寄りください^^



[PR]
by g_yoyo | 2015-11-18 11:00 | 笠間。 | Comments(0)

おやつタイムを過ごすのだ。

おやつの時間といえば朝の10時と午後3時。まあそれが一般的に定説です。
でも人間そんな割り切れたイキモノじゃあないのです(私だけか?)。
お昼の後1時間もたてば眠たくなって、眠気覚ましになにか歯ごたえのあるものを咀嚼したくなる!夕方にも小腹が空いて食べたくなる!晩御飯の後でもなんだかちょっと甘いものでもつまみたくなる!
(こうして改めて書き出してみると自分の生活リズムが恐ろしすぎますが。そりゃ痩せませんわ)

ともあれあなた(私だけか?)が食べたい時、それがおやつの時間なのだと私は言いたい!

そんなわけである日の夕食後、私がベストオブかりんとうとあがめている『北海揚』をやおら取り出し袋のままぼりぼりと食べ…そうになりましたが、いやいや、ちょっとにしておかねば!と食器棚を開けました。こんな時に役立つのが小鉢や小さいボウルなのです。

c0358850_12111401.jpeg

シモヤさんのボウルSS。面取は作るのが一番大変なのだそうです。魂のこもった彫り、美しい!こちらにざらざらっと北海揚を。4~5枚しか入らないので安心ですね(といいつつ、おかわりした)。
黒田隆さんの急須でお茶をいただいてほっと一息。寒い夜にこういう時間を過ごすことがじつはお菓子を摂取することのなによりの栄養になっている気がします(心だけに栄養になったらいいのに…)。

ちなみにこの『北海揚』、名前を言うと大抵「え?さつま揚げ的ななにか?」と訊き返されるんですけれど、北海道の美味しいかりんとうです。昔はコープで買っていましたが最近見かけずにおり意気消沈。東京に住む友人が「こっちで見かけたよ!」と送ってきてくれたものを大切に大切にちびちびやっていましたが、先日、笠間のジャスコイオン(つい今でもジャスコって言いたくなってしまうんですよね、イオン…)で各地の美味しいお菓子コーナーというのができてまして、そこにあるのを発見し狂喜乱舞!同行者にドン引かれるくらい買いました。一般の棒状のかりんとうよりもあっさりめなのでついついすすんでしまいちょっと危険ですが、虎穴に入らずんば虎児を得ず(←間違った用法)。お好きな方はどうぞお試しを^^
そしてそんな時間のお供にあたたかな器をどうぞ。
曜燿では只今『I ❤ 土もの展』開催中です。

[PR]
by g_yoyo | 2015-11-16 11:00 | つれづれ。 | Comments(0)

茨城を旅する休日。

いつも笠間礼賛(これ、らいさんって読むんですね。イイトシしてたった今までずっとれいさんって読んでました…。)の当ブログですがそもそも茨城大好き人間でして、先日のお休みには大子に行ってきました。
大子の町おこし協力隊の方のFBを見ていたらとても行きたくなってしまったのです。

子供時代は滝を見に行ったりで親に連れていってもらった場所ですが、もちろんその頃には滝にはあまり興味もなく、やなの鮎が目当てでした。食べるのももちろんですが、なにより川に入って遊ぶのが楽しかったなぁ…。
さてさてあれからウン十年経ち大人になり、あゆの里としての価値はちっとも下がることなく、肝やビールも楽しめるようになったらますます上がり、滝や紅葉を見るということの価値も自分の中で急上昇です。

5秒毎に「綺麗!」「うわっ、すごい綺麗!!」と叫んでしまうほど美しい紅葉を眺めながら、まずは袋田の滝へ。

c0358850_11040087.jpeg
c0358850_11035976.jpeg
こんなに大きかったんだっけ…と感動。エレベーターで滝のてっぺんを見る場所に行けるというので初めて乗ってみました。圧巻の眺めでした。子供のころより感動がでっかいです。毎日小さくまとまってささやか~に生きてるのでびっくりするスケールで…心が洗われました。

あゆももちろんいただくのです。肝、最高に美味しい。

c0358850_11035967.jpeg
奥久慈軍鶏テールの焼き鳥もぷりぷりで最高でした。噂のアップルパイは残念ながら売り切れ。次回こそはと心に誓い、月待の滝へ。

c0358850_11035912.jpeg
大人になってから大子といえば必ず行っている月待の滝。その傍らに建つもみじ庵さんでは紅葉と滝を見ながらお蕎麦がいただけます(私のカメラテクでは美しい紅葉が刺身についている海藻のように映ってしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです)。大人気店なので混雑時はけっこう待ちますが、私は平日の2時頃伺ったためすぐにいただくことができました。蕎麦がのびないうちに食べきれる粋な量ということで少なめですので、敷地内にある売店で売っている激ウマの蕎麦ソフトクリームもぺろりと完食(これを食べなきゃ終われない!)。美味しくいただきました。
月待の滝は滝の後ろに入ることができて楽しいです。夏の時期には川で子どもたちがはしゃいでいます。私もはしゃいでいます。だってここはドラマ版『ガラスの仮面』でマヤが水の縁起をやったところなんですよ。しかし『家なき子』とか『ガラスの仮面』とか安達祐実さんは捨て身の演技をなさる女優さんですよね。マヤをやれるのは彼女しかいない、まさにぴったりの配役だったのでしょう。

閑話休題。

今まで観光地としての大子を楽しむばかりで、街中を見て回るということはなかなかしていませんでしたが、色々と面白いところがあるのを町おこし協力隊の方のFBで知っていたため今回初めて行ってみましたよ!

c0358850_11035979.jpeg
漆の店、器而庵さん。
もとは呉服屋さんだった150年の歴史ある建物を使っているそうでものすごくかっこいいです!一角に茶室もあったりしてよだれが出そうです。店内には漆作家辻徹さんの作品が神々しく展示されています。日常使いのお手頃なものから、芸術品のごときものまですべて美しい作品たち…。家でも辻さんのお箸を使っていますが、素敵なお箸を使っているとごはんや食事の時間に感謝の気持ちがうやうやとプラスされる不思議。そういうの、忘れずにいたいのについつい忙しい日々で忘れそうになるときに「ちょっとちょっと落ち着いて!」って言ってもらっている気分になります。
辻さんもとても気さくな方で楽しい時間を過ごせました。

斜め向かいにあるまちかど美術館さんも覗いてみました。
二科展の展示をやっていて、油絵の具の香りが学校の美術室を思い出させ懐かしい気持ちにさせてくれました。力作を拝見し、帰ろうとしたところ、オーナーさんが「見てくださった方にサービスでお出ししているのでどうぞ」とコーヒーを淹れてくださいました。豆、手挽ミルで挽いてくださって感動です。オーナーさんが観てきたという津々浦々の展覧会の図録がたくさん並んだ本棚からささめやゆきさんの図録をお借りし、拝見。こちらの美術館でも展示をしたことがあったそう。観たかった!そんなお話しをしながら美味しいコーヒーをいただく素敵なひと時でした。

本当はうわさのDaigo Cafeにも行ってみたかったし、リュタンのアップルパイも食べたかったのです。もちろん長岡小学校も観たかったしおやきも作ってみたかった!!しかしスロースターターの私、今回は時間切れです…。次回持越しでまた大子をじっくり楽しみたいです。

そんなわけで、大子…イイ!!!子供はもちろんですが、大人も楽しめる場所なんだなぁ…と山下画伯のようにつぶやく私。

茨城は遊びの宝庫です。大子、ひたちなか、水戸、笠間、つくば…遊び倒していただきたい。

[PR]
by g_yoyo | 2015-11-15 11:00 | ちょっとお出かけ。 | Comments(0)

寒い冬だから… The Weekend

今日の笠間は雨。寒いです。寒さが苦手な私にとって秋とは薄~い冬に他ならないのです。だから今は私にとってはもう冬です。
そんな寒い冬だから、あたたかな土ものの器でほっこり時間を過ごしてみませんか?
というわけで、曜燿では本日より『I ❤ 土もの展』開催いたします。

手のひらに包んでもひやっとしない、見た目にもあたたかな土ものの器たち。
ココア飲んだりカレーを食べたり熱燗をくいっとやるのもいいですね。
いろいろな土もの、ずらりとならべてお待ちしております。

c0358850_10510220.jpg
c0358850_10510235.jpg
c0358850_10510269.jpg

寒い冬だから、といえばこのBGM!



あったかいっていうか、アツいです。燃えすぎです。
この人の前髪って、クリオネのバッカルコーンみたいですよね。

[PR]
by g_yoyo | 2015-11-14 11:00 | 音楽。 | Comments(0)

店休日のお知らせ。カーネーション

明日の13日(金)と来週の17日(火)は店休日となっております。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。

明日は13日の金曜日…



[PR]
by g_yoyo | 2015-11-12 18:00 | 音楽。 | Comments(0)

秋のデザート。

笠間市の誇る美味しいものシリーズ。
今回は友部駅近くにあるくりーむさんのふろまー樹です。
美味しいものが大好きで、色々と食べ歩いている私、チーズケーキと言えばここのこのふろまー樹です。お持たせにしても喜んでいただけますが、その時にも必ず自分用にも購入します。リーズナブルなのですがまさに「お値段以上」の満足感があります。
とても美味しい!し、大きさもちょうどいいんですよね。ダイエット中でも罪悪感が少し軽減されるサイズで。
バータイプなので手で持っていただけますが、ゆっくりしたい時はお皿に盛りつけます。今回は同僚のOさんに香り高い柚子をたくさんいただいたので柚子ジャムを作りまして、とろりとかけてみました。

c0358850_11022991.jpg

おお!なんか素敵!そして、甘酸っぱいジャムが濃厚なチーズケーキにベストマッチ!かかっていない部分を味わってからジャムを絡めていただくと味に変化があってより楽しくいただけました。甘いのにさわやか。

柚子ジャムの和の雰囲気に合わせて粉引の小皿に盛ってみました。盛るものに合わせて器を選ぶのってほんと楽しいです。

曜燿では、ほっこりデザートタイムを楽しむにもぴったりな器、揃っています。
どうぞご覧くださいね。


[PR]
by g_yoyo | 2015-11-12 11:00 | 笠間の美味。 | Comments(0)

千のキスよりすばらしく、マスカットぶどう酒より甘い。コーヒー、コーヒーはやめられない。

珈琲は好きですか?私は大好きです。
タイトルはバッハの御言葉より。珈琲にまつわる名言ってけっこうたくさんあって、面白いです。

珈琲は身体にイイ!とか、身体によくない!とかいろんな論調がありますが、そんなのどうだっていい。私は珈琲が大好きで、コーヒーを淹れる時間も大好きで、そんな時間を過ごすことがこんなにも幸せなのだから、身体に良くないはずがない(私には)。

笠間で過ごすようになってから、珈琲豆を買っているのはお気に入りの夢豆さん。

c0358850_10494286.jpeg
c0358850_10494266.jpeg


ドアを開けると幸せの香りで脳みそシビレます。
こちら、珈琲豆を200g購入すると1杯サービス珈琲を淹れてくださるんですねぇ。

c0358850_10494210.jpeg
(すみません、また写真撮る前にけっこう飲んじゃいました…)

そんなわけでいつもここで珈琲時間を過ごしてしまうんです。クロスワードとかやりながら。
大抵ご飯の後に行くのに、おやつも美味しいのでついついつまんでしまうことも。
ちなみにサービス以外のコーヒーは笠間焼のカップで提供してくださるのです。
色々な作家さんのカップがあるので、飲んでいるうちに「これ!」っていうカップが見つかるかもしれませんね。

c0358850_10494244.jpeg

私はいつも豆の状態で購入しています。やはり挽きたてでいただきたいから…。自宅で挽いて、ペーパードリップで淹れています。
夢豆さんの店内にはコーヒーを美味しく淹れるコツを書いた紙があり、私もそちらを参考にしています。他にも豆についての説明など、参考になります。

食後に豆からコーヒーを淹れて、小さな部屋中アロマでいっぱいになるあの幸せ。
そんなときもお気に入りのカップでいただけば至福です。
ギャラリー曜燿にもマグカップ、いろいろ待機しておりますよ。

c0358850_11182972.jpg
山田洋次さんのカップ。秋冬らしいぽってり感。
c0358850_11182964.jpg
廣田哲哉さんのリリーカップ。かわいくってニヤニヤ。
c0358850_11182981.jpg
同じく廣田さんのイキモノカップとシモヤユミコさんのマグ。小さめサイズでキュートです。
c0358850_11182954.jpg
柳川謙治さんのマグ、左は輪花タイプ。ちょっと大正ロマンを気取って珈琲と漢字で記したい。
c0358850_11182971.jpg
安齊賢太さんのカップ&ソーサーは薄口でコーヒーがすっと口の中に。岩見正巳さんのカップ&ソーサーはぽってりしたビジュアルが魅力です。

曜燿が皆様のお気に入りを見つける場所となったならこれまた至福でございます。

[PR]
by g_yoyo | 2015-11-11 11:00 | 笠間の美味。 | Comments(0)


茨城県笠間にある陶芸ギャラリー曜燿のブログです。


by g_yoyo

プロフィールを見る

最新の記事

最新のコメント

> desire_san..
by g_yoyo at 10:37
こんにちは、 私も「..
by desire_san at 18:52
cloverさん、こんに..
by g_yoyo at 10:34
最近落語にはまってる。赤..
by clover at 08:31
> keizan-nさん..
by g_yoyo at 11:55
ペッパー君のウザさは、他..
by keizan-n at 11:15
> cloverさん ..
by g_yoyo at 10:51
お大事に! blog楽..
by clover at 19:43
> keizan-niさ..
by g_yoyo at 10:56
こないだ頂いたこのビスケ..
by keizan-ni at 13:37

検索

ファン

ブログジャンル