カテゴリ:うつわ使い。( 38 )

うつわ使い Vol.17 高力芳照さんの備前緋襷片口鉢。

うつわ使いVol.16は、高力芳照さんの備前緋襷片口鉢。

高力芳照さんは岡山県備前市在住の陶芸家です。
平成元年から故 金重素山氏、金重有邦氏に師事し、平成8年に独立。その後たくさんの個展を開いていらっしゃいます。
個展ではほぼ完売といううわさも納得のクオリティ。とても丁寧に作られています。

高力さんの作品は、通常の備前や窯変なども素晴らしいですが、緋襷が本当に美しいです。お料理が上品に見えますね。

c0358850_12011088.jpg

私は冷奴用の小鉢として使うことが多いです。
蒸し鶏をぱらりのせ、ごまだれをかけていただきます。
白が柔らかく見えます。
これからの季節、湯豆腐もいいですね。ゆずの黄色も映えそうです。
片口ですので、しゃぶしゃぶのたれなど入れても使いやすいかと思います。


現在当店には一回り大きめの鉢、片口鉢がございます。こちらはおでんにぴったりのサイズ。これからの季節は登場シーンも増えそうです。
湯呑や酒器なども人気です。
とても丁寧な仕事です。ぜひお手に取ってゆっくりご覧ください。

c0358850_12100372.jpg
c0358850_12100336.jpg


[PR]
by g_yoyo | 2015-10-04 11:00 | うつわ使い。 | Comments(0)

うつわ使い Vol.16 安齋賢太さんの小皿ふたたび。

第一回で紹介した安齋賢太さんの小皿ですが、そう、当初は和菓子をのせようと思っていたのです。上品にちょこんと。
でも大福1つとか買いづらいじゃないですか。独り身だからいくつも買っても駄目にしてしまうし…と、なかなか当初のイメージを実現させられずにいたのです。
そんなこんなで月日が流れていきました。

さて、先日お休みの時に、友人から栗拾いに誘っていただきまして、栗の名産地・岩間に行ってきたのでございます。素敵なオーナーさんの栗林でおしゃべりしながらの栗拾い。とても楽しいひと時でした!超美人オーナーさんに「大きいの持って帰りなー!」と気前よく言っていただいてウハウハと栗を袋詰め(他にもいろいろいただいてしまいました、おもてなしも何もかも感謝しきれないほど!)、帰ってきました。
友人と、「栗の渋皮煮作りたいね」なんて話していてピコーン!ときましたよ。
こ、これはついにあのビジュアルを実現できるのでは…。しかも渋皮煮だったらあのフォークも添えられるのでは…。

というわけで、栗の渋皮煮作りました。栗の渋皮煮と、安齋賢太さんの小皿と、佐故龍平さんのフォークです。

c0358850_10300377.jpg

わわわ、ウツクシイ!!!栗の渋皮煮と、安齋賢太さんの小皿と、佐故龍平さんのフォーク……部屋とYシャツと私、ぐらいのまばゆさがあります。
しっとりと煮られた栗の蠱惑、安斎さんの漆の誘い、佐故さんの銀の雅さ…なんて品と色気があるのでしょう。
見ているだけでなんだかうっとりしてしまう、ミーハーな私です。

器のために料理を作るなんて馬鹿げている、という意見もあるかもしれない。でも、楽しかったならいいじゃない?と私は思うのです。あー、この器にこんな料理を盛りつけたい!ってわくわくできるならそれはきっとすごく素敵な時間です。
人生を楽しくしてくれる強い味方としての器、そんな存在があるととても心強いです。

来年になってしまいますが、安斎さんにお願いしている作品が届きます。その時はまたこちらのブログでもお知らせ申し上げますね^^
現在ソールドアウトのこの小皿もまたお願いしております。お楽しみに!


そうそう、10月の3日(土)と4日(日)にはかさま新栗まつりも開催されます。笠間は栗の生産日本一。噂では某有名フルーツパーラーでも笠間の栗を使用しているらしく、それほど美味しい栗が取れる場所です。新栗まつりでは生栗の販売の他、試食や栗を使ったお菓子の販売、家族で楽しめるゲームなど、盛りだくさんのイベントとなっているようです。来週末は笠間にお出かけしてみませんか。
栗の渋皮煮、「作るの大変だったでしょう?」といわれることが多いですが、栗をむく手間も渋皮煮を作る工程も「つくってるぞー!」って実感があって結構楽しいです。何より、完成した渋皮煮を食べると絶対に「また作ろう!」って思えてしまう美味しさで、疲れなんて吹っ飛んでしまいます。
渋皮煮にぴったりの大きな笠間の栗、おすすめですよ!

[PR]
by g_yoyo | 2015-09-21 11:00 | うつわ使い。 | Comments(0)

うつわ使い Vol.15 金城敏幸さんのそばちょこ、再び。

この時期、色々な美統がありますよね、ってまた陶芸脳PCが誤変換しましたが、そうではなくて実り、ハーヴェストです。
(美統は吉田美統さんですね、釉裏金彩の人間国宝です)

茨城に住んでいると心優しき人たちに色々な農産物をもらえてしまうんですね。茨城っていいところです。魅力度ランキング最下位?生粋の茨城っ子からしたら、なにをおっしゃっているのやら、ですよ。
そんなわけで夏にはトマトやナス、キュウリをたっくさんいただきましたがこの時期はかぼちゃのオンパレードなのでございます。
先日久しぶりに会った友人にもいただきましたし、会社から帰ろうとしたら、玄関にひっそりとお供え物のようにたくさん置いてあったし(きっとお隣さんです。ありがたいです…!)。
ほくほくのかぼちゃ。こころもほくほく。うーん、わくわく!
というわけで、まずはひとつ、早速スープにしました。
玉ねぎと一緒にバターで炒めて、お水とコンソメで柔らかくなるまで煮て、ハンディブレンダーでガーっと。牛乳を入れて塩胡椒で調味。簡単に完成です。
いつもはスープボウルに入れるのですが、今回は『そばちょこ展』開催中なので、金城さんの蕎麦猪口に入れてみましたよ。

c0358850_12211844.jpg

あらっ、案外イイ感じじゃないですか?色の統一感があるというか。土ものと野菜ってしっくりと違和感のない組み合わせですよね。そしてちょっとお行儀悪いかもしれませんが、写真のように、本を読みながらでも飲める。忙しい時にはボウルよりカップ、というのはカフェオレでもそうですが、スープもアリだな、と思ったのでした。
やっぱりそばちょこは使えるヤツです…!!

曜燿で開催中の『そばちょこ展』で、あなたもとっておきのそばちょこと出会ってみませんか^^?

[PR]
by g_yoyo | 2015-09-20 11:00 | うつわ使い。 | Comments(0)

うつわ使い Vol.14 金城敏幸さんのそばちょこと、柳川謙治さんの向付。 

そばちょこ展、つるっと開催中です。
そんなわけで、今回のうつわ使いはお蕎麦なシーンでの作品たち。
金城敏幸さんのそばちょこと、柳川謙治さんの向付です。

c0358850_11130535.jpg

このそばちょこ、ザ・お蕎麦!って感じがしてこうなんていうか実のあるところといいますか、それがとても心に響いて購入、更には友人の引越祝いにもプレゼントした、かなりお気に入りの器です。しかし、ここぞという時を待っておりまして、何にでも使えるそばちょこというオールマイティなすばらしさをグッと堪えて我慢して、本家本元蕎麦のために満を持しての登場です。
向付の方は、益子の陶器市で一目ぼれした恋が実った一枚です。こちらも今回が使い初め。お蕎麦のお供をのせましょう。鴨の串焼きとか素敵ですけど、たいしたものが作れない私は出汁巻き玉子です。大根おろしものせたかったんだけど買い忘れてしまいました…。

蕎麦は大好きな茶そば!あのすっきりした苦味が堪らない蕎麦をつるっといただけば、残夏のうだった身体に優しい風が吹き抜けるはず!
薬味は葱。葱は内臓の働きと血液の循環をよくするそうで、冷え性の改善や疲労回復などに役立つそうです。
(YOUYOU通信Vol.6にて、薬味の効能についてもふれていますので、ぜひお持ちくださいね♪)

卵を焼いて、薬味とそばつゆを用意して、蕎麦をゆでて、水でしめて…

c0358850_11130521.jpg

ドーン!はりきってそばを買いすぎたので客人も呼びました。楽しい蕎麦パーティの始まりです。
うーん、やっぱり、いいです、この蕎麦猪口。とっても気分が盛り上がるぅ。
向付は染付の青に黄色が映える!染付とか織部などの寒色系の器って日本食をおいしそうに見せてくれますよね。優秀。

さあ、いよいよいただきます。つるっとのどごし、どんどん入る。多すぎたと思っていたのにこの後中華めんで中華ざるも作ってしまいました。恐るべし…麺たち!!!なんて盛り上げ上手の器たち!!!!!
お酒もすすみ、幸せな夕食となりました。

これは今夜も麺で決まりじゃあありませんか。

そばちょこ展、9月半ばまでやってます。秋蕎麦の時期にもバッチリです。どうぞご高覧くださいませ。

[PR]
by g_yoyo | 2015-08-27 11:00 | うつわ使い。 | Comments(0)

うつわ使い Vol.13 シモヤユミコさんのボウルSS。

おやつタイムにじゃがいもをレンジでチン。しおをぱらり。こんなシンプル(手抜き)なおやつでも、器の力でサマになる!!

c0358850_12405207.jpg

程よくシックなカラーだから、シンプルな料理にも寄り添ってくれるのかな…。
この美しいしのぎも釉薬の表情も…見ているだけでじわじわと幸せになってきます。

c0358850_12482176.jpg
シモヤユミコさんのボウルは向付や取り小鉢としても、ミニサラダボウルとしても、フルーツやデザートのボウルとしても、はたまた熱いお茶を入れてもちょうどいいサイズ。
一人何役もこなすインフィニティな器なのです。
昨日の夜はトマトとタコのマリネを盛りましたが、赤も映えるんです。ビビッドカラーもニュアンスカラーもお手のもの!
こういう器があると限られた食器棚の中でもぴかりと頼もしい存在ですね。勿論スタッキングもできるのですっきり収納。私の家でもお客様がいらしたときにフル活用!重宝しています♪

現在当店にボウルのSSサイズは、波面取、面取、しのぎとございます。人気者のため現在1点ずつの在庫となっております。
手のひらにすっぽり収まるまるみをぜひお試しください♬
c0358850_12482109.jpg

[PR]
by g_yoyo | 2015-07-18 11:00 | うつわ使い。 | Comments(0)

うつわ使い Vol.12 keicondoさんの鉢。とkamosさんの小松菜!

7月、夏。
笠間のきら星・keicondoさんの黄色い釉薬が嬉しい季節です。
今回ご紹介するのは、鉢!

c0358850_16155801.jpg

こちら、右上に見えるのが素敵な一工夫。サーブするためのカトラリーをひっかけても良し、汁物を小鉢に移す時に片口代わりに使っても良しの溝が掘られています。これがね、ささやかなのに本当に重宝するんです。
カレーを盛ってもいいし、焼きそばのお祭り気分にもフィットする楽しげな色合いですが、今回は小松菜とベーコン、卵の炒め物をのせました。

c0358850_11005063.jpg

十分大きいのに重たくなく、かといって軽すぎちゃうこともなく安定感があり、ふちもしっかりと持ちやすく、使ってうれしい器です。そしてなにより目に楽しい。卵の淡い黄色、ベーコンのピンク、小松菜のグリーンが映えるーーー!
視覚情報からの味の良し悪しって大きなものです。大事です。至高の料理人はもちろん究極の料理人もはるか遠く、『OH!MYコンブ』レベルの私は、器にうんと頑張ってもらいます!ありがとう!器たち!!!

そしてこちらの小松菜は、笠間で農業をされているkamosさんのものです。野菜の味がしっかりしていて他の余計な味はしません。なんでしょうね?この美味しさは。と思ってkamosさんのブログに飛んでみたら、無農薬・無肥料で作っているとのこと。そうか、それで野菜本来それだけの味がしっかり感じられるんだ!
この辺りではスーパーカスミさんで購入できますよ。安心・安全で美味しい野菜を、地産池消でぜひお試しあれー!
※kamosさんの情報はFBでも色々と知ることができますよ~♪

keiさんの器、この夏また新たなものも入荷予定です。8月にはお手に取ってご覧いただけることと思います。入荷の際にはまたこちらのブログにてお知らせ申し上げます♪

[PR]
by g_yoyo | 2015-07-13 11:00 | うつわ使い。 | Comments(0)

うつわ使い Vol.10 青木良太さんのボウル。

先日、いただきもので生きながらえている私のもとにまたひとり天使が現れて、サクランボを分け与えてくれたのです…。
しかも山形産の佐藤錦!!つやつやぷっくりと、もう、宝石のような美しさ。
そのあまりの美しさにテンションあがりまくりました。
これは甘酸っぱさとビビッドな赤色が映える白い器に盛りましょう、と青木良太さんの白いボウルをチョイスです。

c0358850_18581890.jpg

もちろん美味しかったです。ありがとう、マイエンジェルMちゃん!カメラの充電が切れて撮影までお願いしてしまいましたが、いつもの私が撮った写真よりはるかにきれいに撮れていてそれについてもありがとう、マイゴッドMちゃん!!←天使の上は神様と思ったけどなんかゴッドねえちゃんみたいになってしまいました。

青木さんのボウルですが、現在当店にはマットタイプのものがございます。そちらも果物に、サラダにと大活躍間違いなしの美しい器です♪

c0358850_11013265.jpg

[PR]
by g_yoyo | 2015-06-25 11:00 | うつわ使い。 | Comments(0)

うつわ使い 番外編2。

赤貧芋を洗う(by菱沼さん)私に、先日天使のような友人Nさんがおいしいじゃがいもをおすそ分けしてくれました。
小さめの新じゃがをまるっとそのままレンジでチン。
マヨつけていただきました(ちなみにマヨもいただきもの。陶芸女子のスーパー美女、Kさんより。皆様のご厚意で生きながらえております)。

c0358850_11482147.jpg
ほくほくで美味しかった!ぺろりと食べてしまいました。
今回の器はこちらです。

c0358850_11482451.jpg

当店でも何度か個展をお願いしている鈴木厚さんが個展期間中、道具を貸し出してくださり、「絵付けしてみなよ~」とお声がけいただいて描いたものです。厚さんの作品って絵柄はもちろん、色の出方や質感もとても素敵なんですが、その質感で恐縮ながらも自分の絵柄で焼きあがったお皿を届けていただいた時には年甲斐もなくはしゃいじゃいました。
とっても気さくな作家さんですが、作品からにじみ出る情熱がとてもパワフルです。静かな絵柄でもまるでシュールレアリスムの絵のように、そちらの世界に飛び込んだら生き生きと動いている…そんな気がする作品たち。厚さんのHPで観ることができますよ。ブログではご本人曰く『キモ画像』も観られます。いやいやいや!めっちゃかわいいじゃないですか!楽しいお方です。


[PR]
by g_yoyo | 2015-06-21 11:00 | うつわ使い。 | Comments(0)

うつわ使い Vol.9 穂高隆児さんの弥七田八角小鉢。

PureならぬPoorな私の自炊メニューは基本もやし、豆腐、納豆です。大豆だらけ。大豆は美味しい。大豆があれば、なんでもできる!!と猪木ばりに叫んでみたところで、ちょっと物悲しくなるのも事実です。
そんな私が先日、ウニをいただきました。しかもバフンウニ。なんたる幸せでしょう。大豆腹の私、もしかしたら腸がびっくりしてあらぬ振る舞いに出るのではないかと少々心配しつつも誘惑には勝てません。ありがたくいただきます!!
と、そんなせっかくの美味、やはり素敵な器に盛りつけたいじゃないですか。
そんなわけで新しい器をゲットしたのでした。穂高隆児さんの弥七田八角小鉢です。

c0358850_18020733.jpg
c0358850_17493712.jpg

おお、ぴったりです。素敵です。ウニの前ではウニのためにあるような器です。プリン体なんて気にしない。おニューな器の高揚感とともに美味しくいただきました。
もやしなどの安いものも素敵に魅せるのが器のパワー。ウニなど高いものの実力を引き出して魅せるのも器のパワー。やっぱり素敵な器って心強いです。

現在当店には、こちらの小鉢の他、おかずを盛るのにもぴったりの両手のひらサイズの鉢等がございます。ザ・鉢、って器はお刺身や煮物など何かと重宝しますね。ぜひご覧くださいませ。

c0358850_17515843.jpg

[PR]
by g_yoyo | 2015-06-18 11:00 | うつわ使い。 | Comments(0)

うつわ使い Vol.8 keicondoさんのお皿。

『うつわ使い』の第8回は、先日ご紹介した『かさまのうつわ』でもとりあげられており、全国各地で活躍中の、keicondoさんのお皿です。

c0358850_10424289.jpg

がつんとお肉料理をのせても、上品にガトーショコラをのせても相性がいい、様々なシーンで活躍する器です。
今回、ミートポテトパイをのせてみましてこんな感じ。黄色on黄色ですが、沈むことなく、お料理を魅せてくれます。

c0358850_10424430.jpg

写真は単体で取りましたが、この黄色、手持ちの白や黒、染付の器とも相性の良い色で、しっくりきつつも彩を添えてくれるのが嬉しいところ。
さらに、keiさんの黄色い器はいろんなバリエーションがあります。つるつるしたもの、ざらざらしたもの、今回のお皿のように南の国の太陽を連想させるような黄色、お揚げみたいなはんなりとした薄黄色…それら同志ももちろん相性ばっちりです。バリエーションで揃えても、あなた好みの黄色を集めても、どうぞお好きな楽しみ方を。

現在当店には盃にもなる中国茶器、醤油差しがございます。その他、ブロンズシリーズもかっこいいですよ。
ぜひお手に取ってご覧ください。
※茶器の隣に写っているポットは田中雅文さんのものです。
c0358850_10452947.jpg
c0358850_10452909.jpg
c0358850_10452978.jpg

[PR]
by g_yoyo | 2015-06-03 11:00 | うつわ使い。 | Comments(0)


茨城県笠間にある陶芸ギャラリー曜燿のブログです。


by g_yoyo

プロフィールを見る

最新の記事

ひまつりスタート!
at 2017-04-29 11:00
店休日のお知らせ。
at 2017-04-27 18:00
陶炎祭(ひまつり)の心得。
at 2017-04-27 11:00
曜燿も花盛り。
at 2017-04-26 11:00
キダサトコさんちのネコさんた..
at 2017-04-24 11:00

最新のコメント

cloverさん、こんに..
by g_yoyo at 10:34
最近落語にはまってる。赤..
by clover at 08:31
> keizan-nさん..
by g_yoyo at 11:55
ペッパー君のウザさは、他..
by keizan-n at 11:15
> cloverさん ..
by g_yoyo at 10:51
お大事に! blog楽..
by clover at 19:43
> keizan-niさ..
by g_yoyo at 10:56
こないだ頂いたこのビスケ..
by keizan-ni at 13:37
> tougeika-k..
by g_yoyo at 12:26
メリーチョコレートの箱詰..
by tougeika-kikuchi at 01:43

検索

ファン

ブログジャンル