松田唯さんの春。

c0358850_11232200.jpg
先日まで茨城県陶芸美術館で開催されていた『利休に見せたいッ!』では茶筒が展示されていた松田唯さんの手による配管のような花器。
そそられます。廃墟好きにはたまりません。
人間が作ったものが、自然に侵食されていくのを見るのはなんだかドキドキしてしまうのです。廃墟に絡まる蔦の生命力。その対比。自分の中の飼いならされた命がめりめりと音をたてて復活するような気さえします。
春に、フレッシュなグリーンを生けたい。
現在では松田唯さんは陶芸ではなくテキスタイル分野での表現に転向されています。
こちらの作品はとっても貴重です。

[PR]
by g_yoyo | 2017-03-22 11:00 | 展示 | Comments(0)

茨城県笠間にある陶芸ギャラリー曜燿のブログです。


by g_yoyo