原田マハ『リーチ先生』

もとキュレーターの原田マハさんによる美術実在人物創作シリーズ第3弾はバーナード・リーチです。
c0358850_10424086.jpg
とうとう陶芸まで来ましたか!とニヤニヤしながら手に取り、読み始めました。
冒頭、リーチが濱田庄司、河井寛次郎とともに小鹿田の地に降り立ったところから始まり、不思議な縁から過去へと時間軸が移行していきます。リーチが日本でやきものを始めた頃。リーチの人柄がこの通りだったのかはともかく(なんというかキャラクター描写がだいぶ気さくにチャーミングに描かれていてちょっと気の効いたことを言う時には常にウィンクしながら会話する、そんな人物像が脳裏に浮かんでくるのです。)、彼のたどった足取りや日本との縁についてとても興味深く読むことができました。親近感もわくというものです。そして親近感がわくとぐっと興味が近くなるというもの。実際、彼がたびたび訪れた益子や住んでいた上野、安孫子は茨城からも近い。栃木や東京や千葉、日本という土地についても改めて考えさせられます。
そのほか、なんとなくしか知らなかった白樺派についても、きちんと勉強したくなりました。あのそうそうたる顔ぶれはエコール・ド・パリのような華やかさ(渋いけど)!世界大戦前のあの時代って文化土壌が豊かでやはりきっととてもエキサイティングだったんだろうなぁ。
それにしても、そんな偉大ではあるけれど日本に実在していた人たちがセリフを言っているのを読んだりするのはなかなか不思議なことですね。ルソーの時もピカソの時も普通に読んでいたのに、濱田庄司や富本憲吉が物語物語したセリフをしゃべっているのを思い浮かべるのはなんだかとっても不思議な感覚でした。

作中でも触れられているバーナード・リーチのスケッチですが、彼の描く絵は本当に生き生きとした伸びやかな感じがあって本当に素敵ですよね。
当店には濱田晋作さん識の額がございます。ご覧になりたい方はお声がけくださいね^^

そしていつも大人気の『小鹿田焼展』の目処がついてきました。
もうすぐお知らせできることと思います。
あと少しだけお待ちくださいね^^

[PR]
by g_yoyo | 2016-12-11 11:00 | 本ヨムヨム。 | Comments(0)


茨城県笠間にある陶芸ギャラリー曜燿のブログです。


by g_yoyo

プロフィールを見る

最新の記事

最新のコメント

> desire_san..
by g_yoyo at 10:37
こんにちは、 私も「..
by desire_san at 18:52
cloverさん、こんに..
by g_yoyo at 10:34
最近落語にはまってる。赤..
by clover at 08:31
> keizan-nさん..
by g_yoyo at 11:55
ペッパー君のウザさは、他..
by keizan-n at 11:15
> cloverさん ..
by g_yoyo at 10:51
お大事に! blog楽..
by clover at 19:43
> keizan-niさ..
by g_yoyo at 10:56
こないだ頂いたこのビスケ..
by keizan-ni at 13:37

検索

ファン

ブログジャンル