続・盃の使い方。

盃の使い方、前回はちょっとしたおかずを入れるというものでした。香の物なんかにぴったりですね、という。
そして今回は、私の本分といってもいい、『おやつ』編です。

こちら、夏にぴったりの目にも涼しい麗しのお菓子、『さざれこはく』です。
(昔、『君が代』の歌詞、「さざれいしのいわおとなりて」の部分でいつも『あなたの知らない世界』の新倉イワオ先生の顔が浮かんでいました。あなたもそんな経験ありませんか?という話はまた別の機会にでも)

c0358850_18023780.jpg

柚子ピール入りのものなど、こはくというお菓子はもともと大好きなんですが、今回はより涼し気なカラーのものを探してみました。こちらは京都伏見の伊藤軒さんのもの。ちなみに「今日の手仕事」というキャッチコピーがついてます。最近のキーワードとなりつつありますね~(*‘∀‘)

外は薄くしゃりっと固められ、中はぷるりととろけます。
これ、冷蔵庫で冷やしたものを口に入れると至福ですよ。なにか彦摩呂的なキャッチを言いたくなるほど至福です(出てこないけど)。
とりあえずごく普通の言葉で表現させていただきます。

「めちゃめちゃオイシーーーイ!!!!!」(やまびこポーズで)

そんな素敵なお菓子だけど、調子にのって食べているとあっという間になくなってしまうので、ちょびっと盛りにしております。

谷口左和子さんの小皿にオン。

c0358850_18023767.jpg

POP & CUTE!カワイイっ♪夢の国のお菓子!
自分が女性であることを思いださせてくれるありがたいお皿とおやつです。大瀧詠一ばりに薄く切ったオレンジをアイスティーに浮かべていっしょにいただきたくなります(*´▽`*)

でもちょっと気を引き締めたい時、例えばお抹茶をたてるとか、お客様にお出しするとか、そんな時。盃にご登場願います。今回は青木良太さんの白銀の盃に。

c0358850_18023741.jpg

盃は口当たりのためか、シャープな造形のものも多いです。
それがきりっと引き締めてくれるんですね~( *´艸`)
この美しさに2粒でも満足感!
皆様も満たされたおやつ時間、盃とともに過ごしてみませんか♪

酒器展は7月2日まで開催しております!

[PR]
by g_yoyo | 2016-06-24 11:00 | つれづれ。 | Comments(0)

茨城県笠間にある陶芸ギャラリー曜燿のブログです。


by g_yoyo