暑くて、熱くて、アツい夏。

激情に駆られて追分団子を川に投げ込みたいくらい暑いです。
そのせいかPCの調子がとっても悪いのです。
ブログを上げるのもうまくいかず書いた記事が全部消えたりして…。おおおおそろしい。
仕事のデータ、きちんとバックアップを取っておかなければ。

こんな暑い日には食欲減退。そう、それが一般的。でも私の場合は「暑い!アイス食べたい!」だの「暑い!ビール飲みたい!そして肉食べたい!」だのいろんな食欲が湧いてくるのです。昔々、子どもだったころに大人たちから「あんたは向上心が無い。もっとハングリー精神を持て!!」と言われて育ってきたのが違った意味で実を結んだようです。リアル・ハングリーです。困ったものです。

しかし向上心とハングリー精神って同じものではないよなぁ、とまず思うのです。それ以前にそういうことを言う場合、前提としてなにか1つの方向性があるような気がしてならない。同じ方向に向かせる何かが。でも本当の、純粋な意味での向上ってそういうものでもない気がするのです。

昔何かの本(確か江國香織さんの小説だったでしょうか)で、『前へならえ』をみんなでやらされる時にどうしてもできなくて、「どうしてできないの!」って怒られる子供の話を読みました。でもその子はできないとかできるとか以前に「自分がそれをしたいのかどうか」を考えていたのです。それを決めかねているのに、「どうしてできないの!」と怒られる理不尽さ、「あーわかりすぎるほどわかる」と思いました。前提を素っ飛ばした『正しさ』の押しつけってけっこういろんなとこで見られることで、そんなところで自分の気持ちを素直に話そうものなら「感情でものを話すな」なんて言われることもある。でも、感情って大事ですよね。だってそもそも備わっているものなんですから、それを無視したら人間について語れない。机上の空論になってしまう。感情でものを話すな、というのは、ヒステリックになってしまって会話が成立しない場合などに使うセリフであって、自分の気持ちを正直に話すことを否定していてはコミュニケーションというものはなんにも前に進まない気がするのです。

そんなわけで結局のところ、違ったハングリー精神のみを肥大させた私が昨日はビールと焼肉をいただきました。

c0358850_10175926.jpg

お皿はkeicondoさんのもの。じりじりと焼かれた肉が似合うお皿です。年齢的に野菜もないときついので、もやしとピーマンの中華いためも作りました。こちらは二階堂明弘さんの鉢に盛りました。この鉢のオールマイティさは本当にありがたい。

皆様もしっかり食べて夏に立ち向かっていきましょうぞ!!!



[PR]
by g_yoyo | 2015-07-24 11:00 | つれづれ。 | Comments(0)

茨城県笠間にある陶芸ギャラリー曜燿のブログです。


by g_yoyo