お天気の日には。カジヒデキ

お天気の日には、懐メロが聴きたくなります。いや、もはやこの年齢だとなにかとついつい懐メロを聴きたくなってしまうのだけれど、とりわけ、お天気の日には懐かしいCDをケースからプレイヤーへと滑らせることになるんですな。
お天気の日に家事英樹(な、なんじゃこの変換は)。カジヒデキ(無変換キーで)。しかも『ミニ・スカート』。今聴いてもいいですね。色褪せぬPOP、透き通った声、楽しくなる音楽の連なり。とてもうまいバランスで作られた名盤なのだなぁ。
朝のお掃除にぴったり。朝のお料理にもいい。最初の誤変換で家事英樹って出ちゃったけど、朝、家事ががんばれるという意味で遠からずなのかもしれません。

最後の曲名のない曲(もう、『水』でいいじゃん、とも思うのですが。というか『水』って曲だと思っていました)、涼しげなピアノに乗る歌のソウルはフォーキーです。さだまさしを彷彿とさせる言葉の詰め込み具合でなんだか癖になる。さあ、リピート再生してウキウキを持続して。
今日の笠間もいいお天気です。




※若かりし頃、初めてさだまさしの『親父の一番長い日』をラジオで聞いたときにはなんて前衛的なラッパーが出てきたのかとびっくりしたものです。今見直しても歌詞はラップっぽい。というか歌詞は「(妹は)顔が親父に似てみじめだ」みたいなけっこう酷いこと言ってて引力あります。『君を殴らせろと…』はハイライトですねぇ。

[PR]
by g_yoyo | 2015-06-22 11:00 | 音楽。 | Comments(0)

茨城県笠間にある陶芸ギャラリー曜燿のブログです。


by g_yoyo